アトリエボヌール

BLOG&INFORMATION スタッフブログ&お知らせ

Home > ブログ&お知らせ > アトリエボヌールのZEH普及目標

アトリエボヌールのZEH普及目標 お知らせ

2021.04.15

政府は「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」という政策を掲げました。

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げることで消費エネルギーをできる限り抑え、さらに太陽光発電などの再生可能エネルギーを創出することにより、年間の一次エネルギー消費量が『正味ゼロまたはマイナスになる』住宅のことを指します。

アトリエボヌールは、2025年までのZEH普及率目標を次のように定め、その普及に努めます。エネルギーの無駄をなくすライフスタイルの啓発を進めることで、地球環境の保全と、お客様の豊かなで快適な暮らしの実現に貢献します。

 

zehmokuhyou2020new

 

■ZEHの周知・普及に向けた具体策

ZEHの内容及び、当社の取組状況をホームページや住宅情報誌等で情報発信を続け、 お客様にZEHへ興味・関心をもっていただき、必要性を理解していただけるように努めます。

 

■ZEHのコストダウンに向けた具体策

縦横断的なプロジェクトチームを結成し、その土地の気候・風土・景観に合わせた商品の選定・プランニングを心がけ、住宅の省エネ化に努めます。
取引先様にご協力いただき、ZEH仕様の設備機器を選定し価格折衝などを計画的に行い、コストダウンを図ります。

 

■その他の取組など

ZEHについてさらなる知識・技術の向上のために、社内で勉強会を開催したり、各種セミナーや見学会に積極的に参加します。
最新の情報を取り入れ効率の良い資材を採用することで、住宅の省エネ化・建築の低コスト化を図ります。